プロフィール

紫堂 圭斗

Author:紫堂 圭斗
少しずつ更新やら日記やら増やしていく予定。

現在のハマリ
『東方プロジェクト』


幻想入り停止中(202番目)。

エレメンタルガイストとアーマードコア、あとは友人の為の小説とか色々書いてます(現在更新停止中)。
あとは趣味レベルの絵とか(最近は主にこちらがメイン)。

初めての方はまず『Infomation』をご覧ください。

後、私が怪しいと判断したコメントは容赦なく消させていただきます。

8/5更新
とりあえずの日記

Pixivはこちら
mixiはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ユグドラ・スラッシュ

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エレメンタルガイスト聖王国編第3話「禁断の箱の破滅の炎」/1(バジリカ襲撃戦)

あの日の作戦会議から数週間後―
聖王国内の全ての武装勢力を束ねた連合軍『四方の風』は動き出した。
一斉に聖教会の各施設を強襲したのだ。
しかし、この行動はただの前座に過ぎない。これから精鋭によるバジリカ攻撃と内部に秘匿されているフレイムノヴァを奪取する。

メルティの眼前には先行して攻撃を開始したフィネガンの本体とアクセルの傭兵部隊がいた。
バジリカには『クロスナイツ』と呼ばれる聖教会の精鋭騎士団が常駐しているが、並の騎士よりはるかに強い傭兵達や世界最強とも呼ばれるマーセナリィロードが2名(一人は元、だが)参戦しているせいか、聖教会の劣勢が続いていた。

その間にメルティはロンド兄妹と呼ばれる双子の傭兵を引き連れてバジリカ内へ潜入していた。
驚くほどすんなり侵入できたのにはもちろん理由がある。
本体が正面から戦闘を繰り広げているのもあるが事前に潜入して守備隊を全滅させた傭兵がいたのだった。
そして潜入していた傭兵―ソリット・ヴァイパーの愛機”ネイキッド”を確認したメルティ達は彼に合流した。


――――――

続きを読む »

スポンサーサイト

エレメンタルガイスト聖王国編第2話「復讐者」/3(武装連合『四方の風』)

武装集団ゼピュロスの地下本拠地。
その一室にリーダーのフィネガンを筆頭に名だたるメンバーが顔を揃えていた。
ノトスのリーダーであるガイア・ヴァールハイト、エウロスのリーダーであるズィーガー、ボレアスのリーダーであるディーネ・ボランジェ、そしてマーセナリィロードの一人である風のアクセル・バーミリオンと人(仁)のメルティ・キャッツ。
他にも近年になってその頭角を現し始めている傭兵が数名アクセル達の後ろにいた。

「さて、今回諸君に集まってもらったのは他でもない。我がゼピュロスが計画している最終作戦についてだ」

その最終作戦とはフレイムノヴァを搭載した超大型遠距離砲”メギド”を建造し、聖王都と聖教会の総本山を直接叩くというものだ。
現在はその下準備のために聖王国内の各施設に秘匿されているフレイムノヴァ関連のデータや資料を徹底的に回収していた。

「諸君らの働きによってデータや資料に関してはもう十分なほど揃い、ミールの援助によって装置の建造とテストも始まっている。しかし、フレイムノヴァそのものは古代魔導遺産ということもあり我々の手で作り出すことは不可能だ。よって、ミールから提供された情報を元に聖教会から奪取することに決めた」

全員がその決定に息を呑む。
フレイムノヴァが保管されてる場所は聖教会管理区の中でももっとも厳重とされている神殿バジリカの最奥部である。
普通に考えたら無謀ともいえる作戦である。
しかし、フィネガンは不敵な笑みを浮かべるとメルティのほうを見た。
その視線の意味を理解して、メルティが口を開いた。


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイスト聖王国編第2話「復讐者」/2(イクセリオ基地攻防戦)

―予告状―

我々は2週間後の正午に聖王国軍イクセリオ基地に対して攻撃を仕掛けるものである。
なお、我々は騎士としての誇りにかけてこの予告を裏切るような行動は一切とらないことを誓う。

王として、そして騎士としての誇りを失った今の聖王国を打倒し、真の秩序と平和をもたらす為、今はかつての同胞とも剣を交えよう。
もしも、まだ騎士としての誇りが残っているなら正々堂々とした戦いを我らは望む。

―聖王国解放軍ノトス―


この攻撃予告状が送られてきたのがちょうど2週間前。
そして今、イクセリオ基地にて同じ理想を抱きながらも反目しあう騎士同士の戦いが切って落とされた。


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイストの世界~傭兵界~

今でこそ大型魔導兵器エレメンタルガイスト―通称EGが戦争の主流となってはいるが数年前までは兵士や騎士、魔術師による人対人の戦いがあたりまえでった。
そしてそんな中でもお金で雇われる戦士―つまり傭兵の存在は深く根付いていた。

やがてEGが戦争に導入されるようになってからは人対人の戦争は廃れていき、傭兵の活躍の場も急速に減っていった。
それはEGがとてつもない維持費と生産費用がかかる為、力のある企業か貴族、そして国家でもなければまともに運用できなかったからである。
それでも魔導技術が進歩するにつれてEGも次々と新しいものが出回るようになって、実力のある傭兵ならば旧式のEGを購入できるようになった。

この時から傭兵の世界でとてつもない格差が出来上がるようになった。
EGを持つ傭兵は一人の例外もなく優秀な操縦技術と戦闘経験を持っていたため、国家の騎士達を凌駕する戦果を挙げ続けたのだ。
この事実から『EG持ちの傭兵=凄腕』という共通認識が生まれた。

その後、当時傭兵を管理していた団体(現在は団体よりも傭兵のほうが立場が上になった為自然消滅した)が優れた傭兵達の中から特に能力の高い10人を選抜して大々的に世界に宣伝したのである。
この10人が後に『マーセナリィロード』と呼ばれ、現在まで様々な形で10の称号が継承されている。

マーセナリィロードの継承方法は基本的に2つ。
1つは現継承者が後継者を一人選び継がせること。
もう1つは現継承者を実力で撃破した者に自動的に引き継がれるというものである。
だが、現在は空席が3つ存在しその3種類に関しては聖王国、帝国、諸国連合の盟主国の内2国が認めた場合に与えられることとなった。

この世界でのEGパイロットの実力は例外を除いて以下のような状態である。
(目安:強←→弱)
『マーセナリィロード>各国所属の特別な称号者(聖騎士等)>EG所持の傭兵>騎士>兵士・警備』
例外はその存在が認知されていないテロリストや犯罪者、後は古代遺産を無断で使用しているパイロット等である。


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイスト聖王国編第2話「復讐者」/1(回想~フレイムノヴァ事件~)

現時点から遡る事数ヶ月前―

当時新たに発見された古代文明の遺跡から高純度の火属性マナエネルギー体が発掘された。
この発見は新たなエネルギー資源としてもEG動力源の更なる高性能化としても注目されるほど多くの可能性を秘めたものであった。

そして、マナエネルギー体の研究が進められる中、聖王国と聖教会が共同で運営する神堂都市ロックスベルで、マナエネルギー体を使用した初のエネルギー供給テストが実施された。
このテストによって更なる繁栄がもたらされると聖王国中の民や王家、そして教会関係者は疑うことはなかった。

そしてそれから数時間後にロックベルは聖王国の地図上から消滅した。
この事件は後にフレイムノヴァ事件と呼ばれ、聖王国最大の災害として知られることになる―


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイスト聖王国編第1話「崩壊の序曲」/3(ネクストとノエル)

ヴァイパーが愛機を駆り本社を後にしたその時―
ネクストは本社地下にある極秘施設の一角にあるエージェントの寄宿所にいた。
そのまま目当ての人物のいる部屋まで行くとドアを軽くノックした。

「ノエル、いるかしら?話があるのだけど」
「ん…ネクストお姉さま?」

どうやら寝てたらしい。
少々間延びした声がドアから聞こえてくる。
しばらくしてドアが開き中から銀色の長髪の少女が現れた。

「お姉さま、確か今日の訓練はもう終わりだったと思うのですが…」
「ええ、訓練ではないわ。今日は貴女に任務を持ってきたのよ」


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイスト聖王国編第1話「崩壊の序曲」/2(ミールインダストリ)

「…では、これにて本日の定例会議を終了します。各重役の皆様、ご苦労様でした」

進行役の秘書の一人が会議の終了を告げると重役達はそれぞれの支社へと帰ってゆく。
一人残されたまだ少女の面影の残る女性は奥の執務室へと戻ると誰もいないはずの空間に声をかけた。

「まさか主のいない部屋に無断ではいる趣味があるとは思ってなかったわ。スパイってこういうこともするのヴァイパー?」

はじめから出てくるつもりだったのだろう。
女性の声を契機に部屋の奥から紳士の身なりをした男がゆっくりと姿を現した。

「常日頃からスパイとしての技術を磨く。これは私の嗜みでもあるのだよフローラ社長」
「そういう話はいいわ。それよりも依頼した情報、集めてもらえたかしら?」

愚問だね、と返してヴァイパーはフローラに1枚のディスクを渡した。
ディスクのデータをモニターに表示するとそこには聖王国内の事細かな情勢に始まり各組織の戦力などのデータが記録されていた。

「いい仕事をするのね。傭兵などやらずに私の諜報機関で働いてみない?」
「あいにくですが私は縛られるのが苦手な性分でしてね。お気持ちだけ受け取っておきますよ」

フローラの勧誘をヴァイパーがやんわりと断っていると部屋のドアが開いて一人の女性が入ってきた。
流れるような黒髪とアメジストを思わせる瞳のその女性はデスクの前まで移動すると、手に持った報告書をフローラに渡した。

「社長、こちらが報告書になります」
「ご苦労様ネクスト。例の件だけどどのくらい進んでる?」
「新型のほうは私が提供した遺産の解析にまだ時間がかかっているようなので本格的な開発はまだ先ですね。エージェントのほうはすでに実践訓練に入っているのでこちらはすぐにでも」

ネクストの返答に満足したのかフローラはにこやかな笑みを浮かべて報告書に目を通す。
そして報告書を読み終え、データのチェックが終了した時フローラはネクストとのほうを見て話を切り出した。


――――――

続きを読む »

エレメンタルガイスト聖王国編第1話「崩壊の序曲」/1(ミア・ナイツ)

最後のナツフが鮮やかな青と銀で彩られた聖騎士団仕様のジャベリンによる槍の一撃で胴体を貫かれて爆散する。
辺りには同型のジャベリンが5機立ち尽くしており、それ以外のEGは全て撃破され黒い煙を上げていた。

『もうこれで4箇所目になりますね。いくら叩いてもきりがないですよ騎士長』

もううんざりだと言いたげなショーンの愚痴にミアも内心では同感だった。
武装集団ゼピュロスによるフレイムノヴァ事件が起こってから数ヶ月、今ではゼピュロスの他にノトス、エウロス、ボレアスと武装集団が4つに増えて各地で大小様々な規模のゲリラ戦闘を仕掛けてきていた。
聖王国はこれらの対応に追われて完全に余裕がなくなっている。聖教会はあの事件以来教会施設の防衛に徹している為、国内の治安維持には全く参加していない。
おかげで本来なら滅多に動くことのない聖騎士団が小隊を編成して各地に派遣されることとなった。
ちなみに4箇所目を鎮圧し終えたミア・ナイツが一番出動率が高かった。

『そう愚痴るなよショーン、聖王国の秩序を守ることは俺達聖騎士の使命だろ?』
『だけどこう敵があちこちから現れるとあたし達でも限界ありますよぉ!』

ミアの代わりにマックスが宥めようとすると今度はイルミナが愚痴をこぼす。
ため息ひとつついてマックスがイルミナも宥めていると、今度はミリュウが通信を入れてきた。

『私もイルちゃんに同意ですね。これだともぐら叩きしてるみたいで根本的な解決にならないですよ』
「うん、私もそう思ってはいるんだ。だけど敵は規模が大きい上に本拠を巧妙に隠していて未だに発見できてない」

これでは動きようがないと付け加える。
ゼピュロスに限らず他の3組織もただの武装集団とは思えないほど高度な情報戦で本拠地や総戦力などを隠蔽している。

「やはり団長が言っていた通りかなり力のある人物が支援してるのだろうな…」
『ですねぇ…ん?ミア、すぐ近くの基地から救援の信号確認しましたよ』
「わかった。連戦で疲れているとは思うけど皆もう少しだけ頑張って!」

ミアが指示を出すと4人から同時に了解、と通信が返ってきた。
そして5機のジャベリンが襲撃を受けている自軍の基地へと飛び立った。


――――――

続きを読む »

TRPGコンベンション

今日は朝からTRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)コンベンションと言うものに参加してきました。
去年の11月にある知り合いに誘われてから行くようになりました。
一応私はTRPGは好きで友人とか相手にも遊んでたこともありそこそこ経験はあります(システムにもよるけどマスターのほうが多いような気が…)がこういう催し物があることは良く知らなかったのでなかなか新鮮な感じでした。

今回私がやったシステムは「アリアンロッドTRPG(FIAR社発売)」でわかりやすく説明するならば―


『ラグナロクオンラインをTRPG化した感じ』


です(笑)。
RO知っててTRPGやってみたいと言う人はこれから始めてみると良いかもしれません。
ルールは他のに比べてそんなに難しくもないので。
ただ、自分が作ったキャラのロールプレイ(演技)はできた方がGMさんは喜んでくれると思います。対話形式で進むので。

で、今回のシナリオは「ランダムダンジョン」というプレイヤーのダイス目とランダムに引いたトランプの内容によってダンジョンの各フロアの内容が決まると言うもの。
かなり運任せなので内容によってはスリルが味わえて良いと思いました(実際今回はレベル1でワイト3体とか相手にすることに…)。

うーん、やっぱりTRPGっていいねぇ。
クリブレの人達と一度で良いからやってみたいよ。
あの人達のノリと会話とても大好きなのでTRPG初心者だとしてもロールプレイはすぐ慣れると思うのですよ。
そして何よりも―

彼らの行動は狙ってるんじゃないかとさえ思うくらいオチがネタになる(当社比:120%)。

続きを読む »

エレメンタルガイスト第0話「真紅の剣士」/3~ソリット・ヴァイパー~

『こちら帝国軍第15騎士団マーリノ基地守備隊。正体不明の攻撃を受けている!援軍を・・・』

基地を守っている帝国製EG”ソード”がろくな抵抗もできずに次々と破壊されてゆく。
しかし、攻撃している側は基地内のどこにも確認できなかった。
遠くから狙撃しているわけではない。見えないだけなのだ。
襲撃部隊の為の突破口を作り、守備隊戦力をあらかた減らし終えると男は見えない状態のままマーリノ基地を離れた。
遅れて現れた襲撃部隊が基地内へ突入する様子を離れから観察していた。

「ふぅ、まずは第1のミッションクリア。次は・・・と」

ポケットから箱を取り出し中から葉巻を抜いて咥えると火を点けて満足そうな表情を浮かべた。
手元には3枚の文書があり、1枚目には『帝国軍マーリノ基地にてかく乱』と始まり事細かな依頼内容が書かれていた。
男は1枚目の文書に火を点けて燃やすと、襲撃部隊の成功を確認してその場を後にした。

続きを読む »

エレメンタルガイスト第0話「真紅の剣士」/2~ジオ~

黒い煙が立ち昇る帝国軍の基地をバックに1台のトランスポーターと2機のEGが荒野を疾駆していた。
トランスポーターはホバー走行のタイプで後ろにEGが1機収まる大きさのコンテナを搭載している。
そのトランスポーターを守るように両サイドを走る長大なスナイパーライフルを搭載した黒のEGと両腕にカタールのような近接兵器を装備した白いEG―”リバーシブラック”と”リバーシホワイト”は頭部を基地に向けていた。

「帝国の基地を襲撃するミッションの割にずいぶんと楽だったな」
『俺たちが突入する前にもう一人雇った傭兵が基地内で破壊工作を行ってたんだとよ』

道理で、と思いつつ相棒であるトーレスの返事を聞いていたジオは画面隅のレーダーに、自分達の後方からまっすぐ向かってくる反応を見つけた。
襲撃の際に残っていた守備隊はそのほとんどを撃破、もしくは追撃不能状態にしていた為あまりに不自然だった。しかも反応はたった1つである。

「おいトーレス。かなり後ろだが物凄い速さでこっちに向かってくる奴がいる。反応からしておそらくEGだろう」

ジオの機体には狙撃の為に広範囲・長距離を補足できるレーダーが搭載されている為、索敵なども自然と彼の仕事となっていた。

『おい、帝国軍は全部叩いたと言ってたじゃないか?!』
『まぁまぁ落ち着きなって依頼主さんよ。単機ってところを考えるとおそらく俺らと同じだよ…傭兵だ』

依頼主を宥めるとトーレスは機体の向きを変えて迎撃に向かった。
それに習ってジオも機体の向きを変えるとトーレスを追いながら依頼主に指示を出す。

「やれやれ、それじゃあ俺達は追ってくる奴を潰して来るから先に目標ポイントへ行っててくれ」

続きを読む »

エレメンタルガイスト第0話「真紅の剣士」/1~真紅の女剣士~

まるで城を思わせる大きな屋敷の数多く存在する部屋の一室。
部屋の中の机の上にある魔導機械から長方形の光が現れ、一通の文書を表示していた。

続きを読む »

新年クラス会

2日前に実に6年ぶりに高校のクラスメイトとクラス会をしました。

さすがに全員が集まったわけではないのですがそれでも久しぶりと言うこともあって昔話や現在の話で盛り上がりました。
私は酒にはあまり強くないので控えめにしてたつもりでしたがスクリュードライバー1杯で顔が赤くなるのは・・・(苦笑)
3次会まで参加して飲んだお酒の数はたった5杯(ほとんどカクテル系)。
・・・少しお酒に強くなったほうがいいのかなぁ?

後3次会ではかなり久しぶりにカラオケに行きましたよ。
歌った曲は―
・ナイトメア/the WORLD
・ラルクアンシエル/Killing Me
・シーモ/ルパン・ザ・ファイヤー
の3曲です。うち2曲は始めて歌いましたがなかなかいい感じで歌えましたね。
今度はどんなメンバーで行くことになるのかなぁ・・・

続きを読む »

簡単(?)な自己紹介

【ハンドルネーム】紫堂圭斗(しどうけいと)

【性別・生年月日】男・1982年6月21日

【趣味】イラスト・小説・ドライブ

【好きな物・人】愛車・ビーフジャーキー・甘い物・誠実だったり思いやりがあったりする人

【嫌いな物・人】タバコ・納豆・いじめ・陰口

【現在聴いてる音楽】
・東方系
・ブレイブルーサントラ
・ナイツインザナイトメアサントラ
・エレメンツガーデン
などなど

【現在はまってるゲーム】
・東方シリーズ
・ACシリーズ(今は4とfA)

【現在やってるネットゲーム】
・ラグナロクオンライン(Eir鯖・チェイサー他数名)
・キングダムオブカオス(NL大陸(OL・LG大陸は撤退済))
・ルーセントハート(休止)
・PSU(休止)

謹賀新年~鯖間交流の幕開け~

新年、明けましておめでとうございます。

早速ですが新年早々鯖間交流が始まりそうな予感です。
事の発端は大晦日の夜―

いつものように溜まり場でおしゃべりをしてたのですが話が進んでいくうちに我らがクリブレマスターのシアさんのモデルとなる槍パラさんがいるということがわかりました。
当のシアさんもEirの三大槍パラの一人に数えられている(らしい)ほどの希少なキャラではありますが参考にした人いるんですね(笑)

で、その人物の名は―


Ivyさん!(どどーん)


リディア鯖でというか槍クルセパラの世界ではかなり名の知られている人物でマスターのシアさん曰く

『心の師匠』

なのだとか。
で、これがどうして鯖間交流に繋がってるのかと言うと―

続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。