プロフィール

紫堂 圭斗

Author:紫堂 圭斗
少しずつ更新やら日記やら増やしていく予定。

現在のハマリ
『東方プロジェクト』


幻想入り停止中(202番目)。

エレメンタルガイストとアーマードコア、あとは友人の為の小説とか色々書いてます(現在更新停止中)。
あとは趣味レベルの絵とか(最近は主にこちらがメイン)。

初めての方はまず『Infomation』をご覧ください。

後、私が怪しいと判断したコメントは容赦なく消させていただきます。

8/5更新
とりあえずの日記

Pixivはこちら
mixiはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ユグドラ・スラッシュ

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣を求める者~天覇地隷の世界アーテルレーデ Vor.2~

この世界は天空に浮かぶ無数の島々が地上の全てを支配する世界。
名はアーテルレーデ。

この世界では特定の高貴とされる血筋の一族と地上、もしくは天界より選ばれた特殊能力者の集団―通称『天使』が地上に住む全ての人々を彼らの法と正義の名の下に支配している。
『天使』は各メンバーの特殊能力に加えて、後から与えられる天界兵器『翼』により地上の民に比べて圧倒的な戦闘力を誇っていた。
過去に数度大きな反乱があったらしいがその全てが圧倒的な武力差によって敗北、以後地上の民は天界に逆らうことがなくなった。

だが、最近地上に出現した一人の男と彼に同調した数十名の『堕天使』による過去最大級の反乱軍が結成されたという。
そしてその男は俺と同じ『次元放浪者』だと言う。

そんな天界と地上界が対立状態にある中、俺はゲートを潜ってやってきた―

――――――
俺はこの世界についてすぐに目的の”剣”の情報を得るためにすぐそばの町を訪れた。
文明レベルはそこそこ高めで町のいたるところにエネルギー供給用の柱やそれを繋ぐ線が見られ、道には車が走っていた。
ここまで技術が進歩してると武器は重火器などに偏りがちになる場合が多いがこの世界では刀剣類も同格として扱われているようで俺は少し安心した。
だが大手を振って喜んでもいられない。
視界に入る人々の殆どがあからさまに銃器等の武器を持ち、外(正確には上空)を異常なまでに警戒していたからである。
情報集めもかねて俺は近くの住人に話を聞いてみることにした。

「すまない、少々聞きたいことがあるんだが」
「ん?この辺じゃ見ない顔だな…」
「ああ、秘境の奥地で剣の修行をしていたもので世間に疎いんだ。今世界はどういう状態なのか教えてくれるとありがたいんだが」

話しかけた男はどうやらこの町で兵士をしているものらしく俺の持つ剣と立ち振る舞いから実力をある程度察したようで一応は信じてくれたようだ。
兵士の話によると現在、この世界では天界と地上界で過去最大規模の戦争をしており全ての集落でこのような厳戒態勢が布かれているとの事。
それでも天界最大の戦力である『天使』には反乱軍の精鋭以外は対抗することは不可能らしくそれ以外の戦力は単なる”意思表示”ということだった。
ある程度の世界情勢を調べた後、目的の”剣”に関する情報を集めたがめぼしい収穫はなかった。

(この地域にないとすると…あとは地上界をくまなく探すか天界へ行くか…か)

そんなことを考えながら空を見上げると戦闘と思われる光が無数に出現した。
俺以外にその光景を見ていた町の人間の一人が表情を輝かせて歓喜の声を上げた。

「救世主様が戦っておられるぞ!あの方がいる限り俺達の勝利は揺るがない!」

この声をきっかけに住人の殆どが連鎖反応のごとく空を見上げて戦闘を見守っていた。一部の者にいたっては双眼鏡などを持ち出してその勇姿を見ようとするものまでいる。
俺もその”救世主”という人物に多少興味があったので視覚を強化して戦闘を見た。
そこには数名の『天使』と思われる姿をした真っ白な戦士達と、色違いの『天使』達、そして一人だけ明らかに『天使』の格好をしていない大男が空を舞台に縦横無尽に戦っていた。
戦況は大男の率いる反乱軍側が優勢で、『天使』の半数近くが大男の繰り出す拳や蹴りにやられていた。

(なるほど…『天使』というのはあの翼のような武装をつけた者をさすらしい。そしてあの大男が救世主か。しかし、あの男どこかで…)

何か引っかかるものを感じながら戦闘を見守っていた時、戦闘が繰り広げられている空からありえない声量の雄たけびが聞こえてきた。

『天使を騙る悪の一味め!正義に燃える俺の拳を受けろ!』

『必殺!ダイハァァァァァァァァァァァァドナッコォォォォォォォォ!!』

その雄たけびと共に放たれた拳が『天使』の一人をあっさりと地面に吹き飛ばした。
ネーミングセンスの欠片もない必殺技に規格外の戦闘能力、そして先ほど聞こえてきた技の名前に含まれていた名前―俺には一人心当たりのある人物がいた。

「噂でしか聞いたことがなかったがあれが次元放浪者で有名な『ヒーロー』ダイハードか」

なんて暑苦しい。
あまり接触したくはないがどちらにせよ『天使』か彼らに話を聞かないことには俺の目的も達成できそうにないので戦地に足を運ぶことにした。
そして事と次第によっては―

――――――

~登場人物~
■人物名(年齢・性別・職業等)

■ダイハード(??歳・♂・次元放浪者)
~ハンドレッドと同じ”次元放浪者”の一人で同業者の間では『ヒーロー』と呼ばれている。
その呼び名のとおり情に厚く、弱者を助け守ることに無常の喜びと使命感を感じている。その為、訪れる世界の殆どでヒーローまがいのことをする上に状況によっては一大勢力を結成してその世界のバランスを大きく崩すこともある別の意味でとても厄介な人物。
格闘戦を得意としている他、彼の特殊能力『変身』によって全身に黄金の装甲を纏った『ゴルドダイ』という状態になることで超人的な身体能力と防御力を得られる。
現在はアーテルレーデの反乱軍リーダー。

■ソール・ジャスティ(26歳・♀・堕天使)
~反乱軍の参謀兼副リーダーで『堕天使(反逆した天使のこと)』。
自己再生強化・支援の特殊能力を持っていたことから『天使』に抜擢された地上の民で、天界の圧政ぶりに怒りを感じていたが力の差を知っていた為反抗することができなかった。
しかし、突如地上に現れて弱者を救うという理由だけで『天使』を圧倒するダイハードに惹かれて同志と共に彼の元に合流した。

■グレンツェン・ヒエラ(48歳・♂・天使)
~現在の天界最高執政官で天界誕生当初から続くヒエラ一族の現宗主。
ヒエラ一族に継承される視界発火能力の他に専用の翼である『アティエル』を装備しており、権力・戦闘能力共に天界No.1の実力者である。

■アテム・ロズオーク(30歳・♂・天使)
~天界軍地上執行隊隊長で天界至上主義者。
ロズオーク一族も天界で由緒ある血筋であり、代々継承されている特殊能力は加速能力。
装備している翼は『天使』の中でも大隊長クラスにしか与えられない『セムエル』で、アテムの仕様は翼をブレード状にしてワイヤーで鞭のように攻撃するブレードホイップ型。
スポンサーサイト

<< 剣を求める者~赤と深紅が紡ぐ未名の世界 Vor.3~ | ホーム | 剣を求める者~旅立つ紅の剣士~ >>


コメント

ダイハード変身するのか……(笑
イイネ! 変身ヒーローは漢の夢です(*゚∇゚)=3ムッハー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。