プロフィール

紫堂 圭斗

Author:紫堂 圭斗
少しずつ更新やら日記やら増やしていく予定。

現在のハマリ
『東方プロジェクト』


幻想入り停止中(202番目)。

エレメンタルガイストとアーマードコア、あとは友人の為の小説とか色々書いてます(現在更新停止中)。
あとは趣味レベルの絵とか(最近は主にこちらがメイン)。

初めての方はまず『Infomation』をご覧ください。

後、私が怪しいと判断したコメントは容赦なく消させていただきます。

8/5更新
とりあえずの日記

Pixivはこちら
mixiはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ユグドラ・スラッシュ

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣を求める者~番外・戦招く騎士達の札ソリティア~

次元放浪者は基本的に自らの欲や望みを追及する為か単独行動をする者が殆どである。
しかし中には共通、あるいは類似した目的によって手を結んだり集団を形成したりする例も少数だが存在する。

そんな数少ない次元放浪者の組織の中で大規模を誇るのが今回挙げる『ソリティア』である。

彼らの望みは、細かい部分は違うものの『戦う事』でありその機会でもある戦争や決闘の場を意図的に作り出す為に集まり、組織した。
様々な次元世界で行われている戦争や決闘の約半分は彼らが関わっていると言われているほど。
普通ならこれだけ次元世界に関わると他の次元放浪者による粛清の対象になるが、彼らは組織することで同業者からの粛清すらも退けることに成功している。

構成メンバーは48人(ジョーカーに関しては下記参照)で能力の優劣によってトランプの札にちなんだランク分けがされている。
1は各世界の協力者で『兵士』(ソリティア内では駒扱い)、2~10までの者を『戦士』、J~Kまでの者を『騎士』と呼びジャック以上に該当する者は次元放浪者全体から見ても上位に入る実力者ばかりである。
尚、キングは男性、クイーンは女性がなる事が決まりでジャックにはそういう制限はない。
2枚のジョーカーは現在空席で片方がソリティアを組織した者が名乗っていた『王』、もう片方がソリティアの天敵と認定された者が名づけられる『異端』である。

次元の狭間を漂うように移動する巨大な城。
それは次元放浪者の組織の一つソリティアの保有する本拠地”13の宣誓”である。
そして城内の一角、4人の最上位騎士のみ立ち入りを許される始王の間に4人のキングが集まっていた。

翼の騎士ネイム・ァーゼス
白夜の騎士アロウラ
永続の騎士リジエイン
創星の騎士ザガリア

現在のソリティア最強の4人であり、次元放浪者の中でも彼らと同等以上の者は片手で数えるほどしかいないと言われる実力者だ。
全員が揃ったのを確認してネイムが話を切り出す。

「では、定例会議を始めるとしよう。まずは…」

4人は各々で管理している戦争の現状報告に始まり、メンバーの状況やこれから開拓可能な世界など戦いに関する話し合いを続けた。
会議が一段楽したところで一人の女性が4人の前にお茶を配った。
話通しで喉が渇いていたこともあり一人を除いてすぐにお茶を飲み始めた。
唯一飲まなかったザガリアが傍に居る女性―クイーンオブダイヤの位置にある騎士ファムに恐る恐る尋ねた。

「一つ確認させてくれ。我々に配ったこのお茶だが…”普通に”淹れたんだよな?」
「はい。普通に入れた後に少々隠し味を」
「その隠し味をやめろといつも言ってるだろうが!なぜ入れる?!」
「だってそのままだと味気ないじゃないですか」
「味気なくてもそのままでいいんだよ!あいつら見ろよ!?」

ザガリアの指差した先には口から火を吹いて「辛ー!」と叫んでいるネイム、カップを口に傾けたまま青い顔で固まっているアロウラ、口元を手で覆って吐き気を堪えてるリジエインの姿があった。

「あらら。何がまずかったんでしょうか?第26次元産の香辛料、第8次元産の塩、第40次元産の甘味料とか入れてみたんですけど」
「あほか!どれも知られてる中で一番味のきつい奴じゃないか…」

どういう味覚をしてるんだとザガリアは思った。
ちなみに第26次元の香辛料の辛さは通常の唐辛子の数百倍、第8次元の塩はしょっぱいを通り越してとてつもなく苦いのレベル、第40次元の甘味料はカロリーや糖分自体はかなり控えめなのだが甘さは数百倍という本来ならまず使わない代物である。
しかし、自分が手をつけなかったお茶をファムは平気な顔で飲み干してしまった。

「こんなに美味しいじゃないですか」
「・・・わかったから下げてくれ。3人が死んでしまう」

不満そうではあったがファムは言われたとおりにお茶を片付けてその場を離れた。

(あいつもあれがなければ優秀なんだがな・・・)

クイーンの位置にいるだけあり彼女の能力はとても高く、良き副官なのだが味覚が致命的にずれているのが難点だった。
その上本人は料理が好きな為よく部下達が体を張って止めに入る現場をよく見かけた。
それはさておき。
どうにか回復した3人を確かめて本題に入ることにした。

「そろそろ他の勢力や同業者に備えて戦力を強化したいと思う。例えば…」

――――――

~登場人物~

■翼の騎士ネイム・ァーゼス(??歳・♂・次元放浪者)
~ソリティア最強の4人であるキングの一人。
全身を鋭利な刃物に変換する能力を備えている他、背中に生えている翼は自身に融合した外神具で気や魔力を攻撃性の高いエネルギーの変換することが出来る。
翼の騎士の名はこの外神具を展開してるときの姿が光の翼に見えたことから名づけられた。

■白夜の騎士アロウラ(??歳・♂・次元放浪者)
~ソリティア最強の4人であるキングの一人。
極光と呼ばれる虹色のエネルギーと冷気を操る能力を持つ。
精神力が自動的に回復する外神具と威力を強化する外神具を持っており、単体の破壊力は4人のキングの中で最も高い。

■永続の騎士リジエイン(??歳・♂・次元放浪者)
~ソリティア最強の4人であるキングの一人。
ソリティア設立当時からの数少ないメンバーで最古参のキング。
他者の肉体を乗っ取って自分のものにする能力と影を操る能力を持つ。
本体さえ死ななければ肉体を失っても活動することができ、現在の肉体は6代目。

■創星の騎士ザガリア(??歳・♂・次元放浪者)
~ソリティア最強の4人であるキングの一人。
前に登場した星と深淵の世界出身で彼もまた7英雄同様に星融合によって自身を強化することが出来る。
他に星の力を使って外神具を作り上げる能力を持っている為4人の中で最も多くの外神具を所有している。

■逆行の騎士ファム(??歳・♀・次元放浪者)
~ザガリアの副官にしてクイーンの一人。
指定した時間を1~5秒巻き戻す『タイムリターン』と甲冑を纏うことで身体能力が強化される『メイルマスター』という能力を持つ。
重度の味音痴でありながら料理が趣味な為、彼女に料理をさせまいとザガリアや配下の戦士達は常に警戒している。
スポンサーサイト

<< ラグナロクオンラインの携帯ゲーム | ホーム | 輝く風と永遠神剣 >>


コメント

26次元産とか……謎の調味料がイパーイですな(笑
辛いのは身体にイインダヨ? ウン
この最強の人達を倒すには味覚から攻めるのが良いと言うことでしょうか?(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。