プロフィール

紫堂 圭斗

Author:紫堂 圭斗
少しずつ更新やら日記やら増やしていく予定。

現在のハマリ
『東方プロジェクト』


幻想入り停止中(202番目)。

エレメンタルガイストとアーマードコア、あとは友人の為の小説とか色々書いてます(現在更新停止中)。
あとは趣味レベルの絵とか(最近は主にこちらがメイン)。

初めての方はまず『Infomation』をご覧ください。

後、私が怪しいと判断したコメントは容赦なく消させていただきます。

8/5更新
とりあえずの日記

Pixivはこちら
mixiはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ユグドラ・スラッシュ

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARMORED CORE NEXUS-Raven of Black lancer-(世界観)

この物語はアーマードコアネクサス本編と同じ時代にナービス領とは別の領土で行われた戦い。

新資源を発掘し、キサラギ社と提携を結ぶことで力をつけはじめたプログレス社の領土にミラージュ社をはじめとする各企業が様々な形で介入した為、ナービス領と同じように戦争が始まった。
戦況はプログレス・キサラギの連合がミラージュをやや押した状態で維持されており、クレストをはじめとする他の企業は成り行きを見守っていた。
この戦いにおいてもレイヴンは重要な戦力で、より優れたレイヴンを獲得することがこの戦いを有利に進めると噂されていた。

あるレイヴンの死、そして新たなるレイヴンの誕生をきっかけにプログレス領の戦争は大きく動こうとしていた―


――――――

以下に世界観・企業・団体等を載せていきます(物語の進行とともに追加)
世界/情報
NEXUSとほぼ同時期。
年代だと『E.D.0249』から始まる(プロローグ)。
本編はプロローグから10年後のナービスが新資源を発掘した辺りから。

プログレス領/地名
セントラルから少々離れた場所にある北方の土地。
元々は中小企業レベルだったプログレス社が新資源の獲得を機に勢力を拡大して形成された領土。
レイヴンズアークのアリーナも存在し、所属するレイヴン達は主にアリーナ戦と依頼をこなしている。
最近はミラージュ社をはじめとする各企業の介入により紛争が絶えなくなったがややプログレス・キサラギ社が優勢の状態。

プログレス社/企業
ナービスと同様に新資源の発掘を機に勢力を拡大した新興企業。
主にMT等の機動兵器を中心に研究・開発している。
その為自社ではACを保有しておらず対AC戦闘の際は必ずレイヴンを雇う形をとっている。
キサラギ社と技術提携(同盟)を結んでいる。

ミラージュ社/企業
この世界最大の市場シェアを誇る大企業。
現在の地位を守る為に武力行使など強引な行動をとることが多い。
プログレス領ではプログレス・キサラギ連合に苦戦している。

クレスト社/企業
ミラージュに次ぐ第2位の大企業。
穏健派を装って他の企業と連携を持つなどしてミラージュに対抗しようとしている。
プログレス領内では目立った行動は起こさずに静観している。

キサラギ社/企業
ミラージュとクレストに次ぐ大企業。
技術力が高く、独自路線のACパーツを市場に供給している。
プログレス社の新資源発掘初期から深い関わりがあり、その縁で技術提携を結んでプログレス領での力をつけた。

レイヴンズアーク/組織
レイヴンを統括する組織。
所属するレイヴンに対する依頼は全てこの組織を通じて行われる。
プログレス領内にもアリーナが建造されているが、ランクのつけ方等ナービス領とは少々異なるルールとなっている。

新資源/技術・遺産
大破壊以前の機械技術の総称。
本編ではプログレス社が発掘した『超大型地上戦艦』と格納されていた『大型MT』を指す。
スポンサーサイト

<< ARMORED CORE NEXUS-Raven of Black lancer-(アリーナランカー) | ホーム | カプラクエスト中間報告 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。