プロフィール

紫堂 圭斗

Author:紫堂 圭斗
少しずつ更新やら日記やら増やしていく予定。

現在のハマリ
『東方プロジェクト』


幻想入り停止中(202番目)。

エレメンタルガイストとアーマードコア、あとは友人の為の小説とか色々書いてます(現在更新停止中)。
あとは趣味レベルの絵とか(最近は主にこちらがメイン)。

初めての方はまず『Infomation』をご覧ください。

後、私が怪しいと判断したコメントは容赦なく消させていただきます。

8/5更新
とりあえずの日記

Pixivはこちら
mixiはこちら

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ユグドラ・スラッシュ

ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARMORED CORE NEXUS-Raven of Black lancer-(プロローグ)

これはシオン=シルウィスことランサーがアークのレイヴンになった日から10年前の話。
彼がレイヴンになる理由となった悲劇である。


『…以上がこの依頼の全てになります』
オペレータが淡々と依頼内容を説明し終えるとグレイヴは了解と返してモニターを見つめる。
そこにはオペレータが転送した依頼内容のデータが映されていた。
「ミラージュの研究データの奪還、もしくは隠滅か。テログループによく強奪なんて真似ができたな」
『テログループはかなり以前から計画を練っていたようですね。あとは投入されたMTの数が多かったことも強奪された原因の一つではないかと』
襲撃してきたMTはMT09-OWLが16機、それも強力なECMによる攪乱つきという徹底振りである。
ミラージュ側も応戦したもののデータを奪われる結果となり、レイヴンに依頼することとなった。
『ですが施設での戦闘の段階で半数は撃破されているそうなのでレイヴンならば問題ないかと』
「簡単に言ってくれるね…まぁ、きっちりこなしてくるとするよ。帰りを待ってる奴もいるしな」


それからしばらくして輸送ヘリのパイロットから通信が入った。
『レイヴン、そろそろ降下予定ポイントに到達する。準備を』
「了解した」
『グレイヴさん、帰りの武勇伝期待してますよ』
パイロットの最後の一言に曖昧に返事をすると1機のAC―エンドⅠが降下する。
着地を確認したところですぐに前進しながらレーダーを確認する。
この時グレイヴは奇妙な違和感を感じた。
「オペレータ」
『どうかしましたか?』
「残ってる敵は8機だよな?」
『はい、ミラージュからの報告どおりなら8機で間違いないと思いますが…』
「レーダーの反応見てると2機足りな…いや、減ってるだと?!」
はじめにレーダーに表示されていた6つの赤い点が次々と消えていく。
『これは…AC?!すでに戦闘が始まっているようです。急いで』
オペレータがACと口にした時点でグレイヴは全力で現場へ向かっていた。
そして到着した時、目の前にはテロリストのものと思われるMTの無残な姿と最後の1機が白いACに撃破される光景が映っていた。


白いACがこちらを凝視すると女性の声で通信が入ってきた。
『―どうやら私以外にもこのデータが欲しい者がいるようだ』
「お前、アークのレイヴンじゃないな。ミラージュの者か?」
グレイヴの質問を相手の女性は即座に否定する。
『あんな汚らわしい企業と一緒にしてもらいたくはないな』
「ならばテログループや武装集団の類か?どこの所属であれそのデータを渡すわけにはいかないからな…返してもらうぞ!」
グレイヴの咆哮と共にエンドⅠが急加速して白いACに斬りかかる。
相手はそれを紙一重でかわすと右腕のプラズマライフルを撃ってくる。
グレイヴはそのレーザーをブーストで回避するとマシンガンで反撃に出る。
「こいつは…なんて動きを」
『やるな。だけどこの程度で私のゴッドドーヴを倒すことはできない!』


それからしばらくはエンドⅠが追い、ゴッドドーヴが距離を開けつつという状態での射撃戦が続いた。
エンドⅠは必死に攻撃を回避するが射撃武器はマシンガンとロケット砲のみ。
対してゴッドドーヴはプラズマライフルとショットガン、そしてグレネードキャノンを空中で構え無しで連射してくる。
(こいつ強化人間か。くそ、何とかして接近しないとこのままじゃ俺の不利だ!)
ゴッドドーヴは卓越した動きでマシンガンの被弾を最小に抑え、ロケット砲に至っては全て回避しきっていた。
一方エンドⅠも相手の攻撃を高機動を生かして避け続けているがプラズマやショットガンが装甲をかすめて徐々にダメージを蓄積させていた。
『いい腕をしてるがどうやらお前はブレードの方が得意みたいだな。射撃がなってない』
「言ってくれるな…だったら何が何でもお前を切り裂いてやる」
次の瞬間エンドⅠのOBが発動したかと思うとあっという間にゴッドドーヴとの距離を詰めてブレードによる斬撃を行った。
ゴッドドーヴはかろうじて回避するものの左手に持っていたショットガンを斬られ、破壊される。
エンドⅠが続けて攻撃を続けようとした時にはゴッドドーヴもOBを駆使して再び両者に距離が生まれた。
「どうだい、俺の自慢のブレードの味は?」
『噂になるだけのことはあるな。ショットガンだけで済んだのは幸いだったよ』
だが、この時グレイヴはブレードが成功したという気の緩みで失念していた。
距離をとったゴッドドーヴが死角を利用して左肩の垂直ミサイルを一斉射していた事に―


『もう少し遊んでいたかったが生憎と時間が無いようだ。これで沈んでもらうぞ!』
ゴッドドーヴはそのまま距離をとったかと思えばすぐにエンドⅠに再接近してくる。
敵ACの再接近に合わせてブレードによるカウンターを決めようとした時エンドⅠの真上からミサイルが降り注いできた。
すでにカウンターに入ろうとしていたエンドⅠは回避することができずミサイルの直撃を受ける。
「っ!?」
『こうもあっさり引っかかってくれるとは思わなかったぞ―――とどめだ、レイヴン』
ミサイルの直撃で硬直したエンドⅠに体当たりを食らわせると流れるような動作でプラズマライフルをコア部分に構える。
「”終わらせる者”がここで終了か…シオン…済まない」


その後コックピットの破壊されたエンドⅠは回収され、アークのガレージに格納された。
そしてランカーレイヴン”グレイヴ”こと、シェイド=シルウィスの死亡が家族に伝えられた―


■登場人物

・シェイド=シルウィス/レイヴン(真人間)・48歳・男性
レイヴン名:グレイヴ
ランキング:Sランク4位
本編から10年前のランカーレイヴン。
当時は彼を超えるブレード使いはいないといわれていた程の実力者。
ミラージュの研究データ奪還依頼の際にロンギヌスの駆るゴッドドーヴに撃破されて死亡する。

AC名:エンドⅠ
~グレイヴとランサーが搭乗する軽量2脚ACでアリーナとミッション兼用。
高い機動力とブレードによる白兵戦を前提に組まれている。
バックユニットのロケット砲はアリーナ戦ではつけないことが多い。
機体色は黒。
頭部 : H01-WASP
コア : CR-C84O/UL
腕部 : A01-GALAGO
脚部 : LH03-PANTHER
ジェネレーター : CR-G91
ラジエーター : R01-HAZEL
ブースター : B04-BIRDIE2
FCS : MIROKU
インサイド : -
エクステンション : RURI
右肩武装 : CR-WB69RO
左肩武装 : CR-WB69RO
右腕武装 : CR-WR69M
左腕武装 : CR-WB79LB2
右腕格納武装 : -
左腕格納武装 : -
オプショナルパーツ : 1/2/4/9/11/15/16/17/


・ミアリエル=シルバロード/レイヴン(強化人間)・??歳・女性
レイヴン名:ロンギヌス
ランキング;なし
経歴不明のフリーのレイヴン。
銀色の髪に赤い瞳とランサーと似たような容姿をしている。
ランサーの父親グレイヴをミッションで殺した人物。
その実力は上位ランカーを凌駕するとも言われており、現在のプログレス領では『4強』の一人として数えられている。

AC名:ゴッドドーヴ
~ロンギヌスが使用する中量2脚AC。
ブレードを廃した高威力の射撃戦闘を重視した構成となっている。
機体色は白。
頭部 : H10-CICADA2
コア : CR-C84O/UL
腕部 : A11-MACAQUE
脚部 : LH09-COUGAR
ジェネレーター : KONGOH
ラジエーター : CR-R92
ブースター : B04-BIRDIE2
FCS : MF03-VOLUTE2
インサイド : -
エクステンション : JIKYOH
右肩武装 : CR-WB87GLL
左肩武装 : CR-WB73MV
右腕武装 : WR20PL-OGRE
左腕武装 : CR-WL88S2
右腕格納武装 : -
左腕格納武装 : CR-WH73H2
オプショナルパーツ : 1/2/4/7/9/15/16/17/
スポンサーサイト

<< ARMORED CORE NEXUS-Raven of Black lancer-(Cランク昇格ミッション) | ホーム | ここ最近 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。